1. >
  2. 利子や配当、広義では株主優待も対策チャンネルFC

利子や配当、広義では株主優待も対策チャンネルFC

株式投資の一つの利益の得る方法としてインカムゲイン狙いがあります。

これは要するに利子、配当狙い、と言うことになります。株主優待もその一つであり、金券などが配られる場合は実にわかりやすい利益となります。

但し、商品を優待として出すところも多く、具体的に金銭的な利益があるというわけでないところも多いです。

しかし、よく行く店、企業であるならばその手の優待サービスも株式取引をする時に狙いべき一つの利益となるのは確実です。

株式のインカムゲインは決算時に分配の教科書92

インカムゲインは常に得られるわけではないです。

例えば価値の上下によって得られるキャピタルゲインは常に狙えますが、インカムゲインは特定の時期です。それが決算期であり、そこで配当が正式に決まることになります。

ちなみに配当金を得られるかどうか、と言うのは権利が決まる期間、持っているのかどうかで決まります。その時期には理屈の上では配当の利率分の株価の上昇が起きることになります。

が、これは理屈上の話であり、そうなるとは限らないのが実情です。

解体株主優待は個人投資家には大きなメリット新書5

配当金も確かに魅力ではありますが個人投資家にとっては優待もなかなかに魅力的です。

商品であったり、サービスの券であったり、オーナーズカードであったりしますが、それが自分にとって大きなメリットとなるのであれば、極めてお勧め出来る狙い目の一つになります。

直接的な金銭になるわけではないですが、それでも十分に期待できる要素はあります。例えば小売業系、飲食店系は割引券やポイント倍増のカードをくれたりします。良く行く店ならば貰う価値が倍増します。

貸株サービスによるインカムゲイン目安箱49

インカムゲインを得る方法の一つとして、貸株と言うのがあります。

要するに持っている株を貸すわけです。これは証券会社に貸すことになりますから、何も難しいことはないです。

これも利子収入と言うことになりますからインカムゲインの一種です。極端に高いわけではないですが、銀行に預けているよりも遥かに良いことが多く、これだけを狙って株を持っている人も少なからずいます。但し、どんな株でも利子率が同じわけではないです。