1. >
  2. 初心者が信用取引は避けること47

初心者が信用取引は避けること47

初心者において、基本的には信用取引は避けたほうが良いでしょう。

一気に儲けるためには基本的には信用取引をするしかないです。これは間違いないことではありますが、それでもまずは現物取引をするべきであるといえます。

信用取引というのがあるのは知っておくべきですが、まだまだ初心者であると自覚しているならばまずは現物のみにするべきです。

それならば損をするとしても投資額のみになります。信用取引は投資額を超えてマイナスになることがあります。

株価って何?28

株価とはその企業の価値、企業を買う為の総額、といっても過言ではないです。

より正確に言うならば発行株式の半分を手に入れることができれば経営権を握ることができるのです。

つまりは、株価こそ、その企業の価値であり経営陣が株価に躍起になっているのは高ければ高いほど買収されにくくなり、資金調達が楽になるからです。

株価を高くすることを意識的にやっている企業も多くあります。但し、風説や様々な情報操作は禁止されています。

株価が上がる時・下がる時MV08

株価が上がる時はその企業によって良い情報が出たときです。こうした情報のことを材料といいます。

逆に下がる時には、良くない情報、材料が出たときです。

確実にそうであるわけではないのですが、その傾向が強くあるのは確かです。

企業側が意識して材料を時期を見計らいながら出すこともあります。IRというのは、その為の情報のことです。

IRの出し方が上手い企業とそうでない企業は株価の良し悪しにも影響することになります。

株をやっている時にニュースを見る理由30

少なくとも株取引を真剣にしている時にはニュースを見ることです。

それにどんな意味があるのか、といいますと株価に影響があるニュースがあるからです。

これは個別であることもありますし、経済全体に及ぼす影響を見ることもあります。

ニュースは見ないよりは見たほうがよいですが市場は一応、原理としては即座に反応するとされていますから、いち早く反応して利益を出すのはテレビのニュースでは難しいでしょう。しかし、無駄ではないです。